なるべく肌に負担をかけないように

「オス化女子」という言葉がドラマ等で話題になりましたが、鼻下やあごに生える毛に悩んでいる女性も多いようです。

男性は毎日ヒゲを剃るのが日課というのが普通だと思いますが、女性でヒゲが濃いというのは悩みどころ。

 

男性に接近された時、「ヒゲがあると気付かれて、ドン引きされる…」なんてことがあったら最悪ですよね。

 

女性の唇

 

自分で処理をする手頃な方法としては、毛抜きやカミソリが一般的だと思いますが、実は、鼻下や顎の毛を抜いたり剃ったりするのは肌トラブルのもとになりNGなんです。その理由を紹介します。

 

pointカミソリや毛抜きによる自己処理は、手軽に短時間で処理ができるのがメリットです。しかし、カミソリでは毛を根元で剃ってしまうことになるため、伸びてきた時にその断面が目立って濃く見えますし、すぐ生えてくるので気になって頻繁に処理することになりがちです。

 

さらに、カミソリは毛だけでなく肌の表面の角質も削り落してしまうので、肌を傷めてしまうというデメリットがあります。敏感肌の女性はカミソリ負けをして肌が赤くなってしまう危険性がありますし、特に生理前や生理中は肌が敏感になりやすいので、処理が難しいのです。

 

顔は特に目立つ部分ですし、女性はメイクをすることを考えると肌に負担をかけるのは避けたいですよね。

 

逆に、ヒゲや頬など顔のうぶ毛を処理すると、顔がワントーンが明るくなり、化粧ノリもよくなるので、整形もしていないのにキレイになれるというメリットがあります。そこで、以下に顔脱毛がおすすめのサロン・エステを紹介します。

 

全身脱毛ならキレイモ

キレイモ公式ページ

 

ヒゲの部分が濃い女子の中には、顔全体、背中・うなじ、腕・足、デリケートゾーンなんかも気になる人が多いはず。それなら、全身脱毛がオトクです。

 

ただし、全身脱毛サロンの中には、顔だけは別料金というところが多いのですが、キレイモは顔もバッチリ。鼻下、鼻、あご、あご下、おでこ、もみあげ、両ほほ、そしてカラダ全体の脱毛が料金に含まれます。

 

芸能人も多く通う人気サロンでありながら、比較的予約も取りやすいため、本当にオススメです!

 

 

全身脱毛のキレイモはこちら。

 

 

医療脱毛なら、リゼクリニック

リゼクリニック

 

エステやサロンよりも医療脱毛派という方におすすめしたいのが、リゼクリニック。医療脱毛は料金が高いのが数少ないデメリットですが、リゼクリニックなら、格安料金でレーザー脱毛ができちゃいます。

 

リゼクリニックは、新宿、渋谷、横浜、名古屋栄、大阪梅田、心斎橋、神戸三宮、京都四条、福岡天神、仙台、郡山、新潟、四日市、伏見、広島などで展開されています。

 

ヒゲだけでなく、顔全体のおトクなプラン(鼻下・アゴ・額・両頬の4部位)も用意されています。キャンペーン料金は下記より確認してください!

 

 

医療脱毛のリゼクリニックはこちら。

 

 

人気ナンバーワンサロン ミュゼ・プラチナム

ミュゼ 公式ページ

 

脱毛サロンで圧倒的な人気を誇るのがミュゼ・プラチナム。人気の理由は、勧誘が全くないこと。断るのが苦手な人も安心して無料カウンセリングを受けられます。

 

また、万が一解約する際には、残り回数分を返金してくれるという、他のサロンにはないお客さん目線の嬉しいサービスも充実! なお、ミュゼでは、ヒゲの部分は「鼻下」というパーツにあたり、「Sパーツ」料金ですので、安い方の料金設定になります(ミュゼではSパーツ、Lパーツにわかれます)。

 

人気サロンですので予約が混みあうのは唯一の欠点ですが、とにかく大切な顔ですので、安心できるサロンで契約するのがおすすめです!

 

 

人気ナンバーワンのミュゼ・プラチナムはこちら。

 

 

顔脱毛がセット料金で安い! エステティックTBC

TBC 公式ページ

 

最大手の総合エステといえば、エステティックTBC。知名度も、美容業界での実績も抜群のエステです。脱毛のみならず、痩身(ダイエット)やフェイシャルエステのメニューも充実。

 

こちらのTBCでは、鼻下、アゴ、額、ほほ、フェイスラインの顔5パーツに、ワキをプラスして、スペシャル特価で施術ができます。もし、カラダは大丈夫だけど、顔が気になるというなら、絶対オトクなプランだと思います!

 

また、TBCでは、エステサロンでは唯一と言っていいほど貴重な、美容電気脱毛(スーパー脱毛)ができるエステ。顔の産毛には効果は特に効果を発揮します。また、抜いても抜いても気になる一本がある。そんな人は、美容電気脱毛なら、その場で処理して、二度と生えてこなくなります。

 

ということで、効果重視ならこちらも体験してみてください。強引な勧誘はありませんが、その他のお得なプランなどの案内くらいはありますので、しいて言えばその点が、気になる人は気になるでしょう。

 

 

顔脱毛がセットで安いTBCはこちら。

 

 

point毛抜きで抜くことは毛を毛根から抜くことになるので、次の毛が生えてくるまでのあいだ、処理した後は綺麗な状態に見えます。ただ、うぶ毛などを一本一本抜くのは時間がかかりますし、細い毛や薄い毛の抜き残しがあったりするというデメリットもあります。さらに、抜くことで次に生えてくる毛が皮膚の下に埋もれてしまう埋没毛が発生してしまい、ブツブツと肌が荒れてしまうという危険性があります。

 

なるべく肌に負担をかけないような女性のヒゲの自己処理方法としては、顔用のシェーバーがおすすめです。刃先が丸く、肌に負担をかけにくいシェーバーが手頃な値段で手に入るので、普段カミソリや毛抜きで処理している人は使ってみてはいかがでしょうか。

 

自己処理よりも肌に負担をかけたくない人には上記の脱毛サロン・エステや医療機関での髭脱毛が最もおすすめです。

顔脱毛について詳しく〜うぶ毛ボーボーの“ヒゲ女”にならないために…

女性の顔のうぶ毛、男性はどう見てる?

 

最近、ストレスや身体の冷え、睡眠不足などが原因となってホルモンバランスが乱れてしまい、口周りに濃いヒゲが生える「ヒゲジョ(ヒゲ女)」が急増しているのだそうです。

 

困っている女性

 

うっかり鼻の下を剃り忘れたがために、影で「ヒゲジョ」なんて呼ばれるようになったらどうしましょう…絶対に呼ばれたくないですよね!

 

どんなに美しい女性でも、ワキや腕・足のムダ毛がボーボーだったら、「男性からはモテないよ…」と思いますよね?

 

ところが、男性が普段よく見ているのは、やっぱり女性の「顔」

 

「女性のヒゲ(鼻下や口の端、あごのうぶ毛)」に幻滅していることも多いのだそうです!

 

「男性が気になる女性のムダ毛ランキング」でワキや腕・足を押さえて「ヒゲ」が1位になっていることもある程なんです。

 

あなたは、女性の「顔のうぶ毛」は気になりますか?

 

あなたは、女性の「顔のうぶ毛」は気になりますか?

 

出典:マイナビウーマン https://woman.mynavi.jp/article/150405-48/

 

服で隠せるワキや腕・足よりも、常に人目にさらされている「顔」。半数以上の男性が、「女性の顔のうぶ毛が気になっている」と回答しています。

 

どんな時に気になる?

 

電車などで日差しが顔に当たっている時

 

電車に乗っている女子

 

エレベーターで同僚の女性と話していた時

 

エレベーター内の男女

 

  • 一対一でテーブルに向かい合って打合せや作業をしている時
  • 仕事中などでたまたま顔を近づけたときに、うぶ毛がくっきりと見えた

 

男性社員と女性社員

 

女性店員から接客を受けた時

 

カフェの女性店員

 

キスをする時

 

キスしようとする男性

 

やっぱり男性も気がついていたんですね…。「気づかなかったかも!」なんてよい方に考えていた私が馬鹿でした。。。

 

ここではやんわりと「顔のうぶ毛」と表現されていますが、その中でも最もがっかりされているのが「ヒゲ」であることは間違いないと思います。

 

男性に聞きました。女性はうぶ毛の処理をした方が好ましい?

 

女性はうぶ毛の処理をした方が好ましい?

 

出典:貝印株式会社 http://www.kai-group.com/fun/ubuge/search.html

 

「とてもそう思う」と「まあそう思う」合計6割以上の男性が、「女性はうぶ毛の処理をした方が好ましい」と考えています。

 

反対に「全くそう思わない」「あまりそう思わない」と答えた男性は合計7.7%。つまり、女性のうぶ毛が気にならない男性は10%以下なんです!

 

これらの結果を見ると、「これからはもっとしっかり顔のうぶ毛やヒゲのお手入れをしなくちゃ!」「うっかり剃り忘れなんてできない!」と思わず背筋が伸びてしまいますね。

サロンの顔脱毛で、鼻下やあごの濃いヒゲを処理するメリット

 

実際に、女性でも鼻下やあごに濃いヒゲが生えて悩んでいる方が少なくありません。

 

日経ウーマン(日経BP社)でも、東京・表参道のメディカルエステ「MAME」のデータを元に、

 

女性の半数「ヒゲ」に悩み

 

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110609/111162/?rt=nocnt

 

という記事を掲載しています。そのデータによると、

 

「体毛についてどの部分をお悩みですか?」

 

という質問に対し、

 

「ヒゲが気になる」

 

と答えた女性は46%にも及んだそうです。「わきの毛が濃い」と答えた女性が51.4%ですから、ヒゲに悩んでいる女性はわき毛に悩んでいる女性と同じぐらいいるなんてちょっと驚きです。

 

赤いリップの女性

 

確かに女性がいくら綺麗にメイクしていても、鼻下やあごにヒゲが生えていては幻滅ですよね。女性から見てもがっかりしてしまいます。

 

簡単なムダ毛処理方法として、カミソリや毛抜きを使って自宅で自己処理している女性が多いようですが、鼻下やあごといったデリケートな部分のヒゲ対策法として適しているとはいえません。

 

やはり肌に負担をかけずに顔のムダ毛を処理するには脱毛サロンや医療脱毛クリニックで顔脱毛をすることを一番におすすめします。

 

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで顔脱毛をするメリットはたくさんあります。1つ目のメリットは・・・続きを読む

 

顔脱毛、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違い

 

「顔脱毛」と一口で言っても、エステの脱毛サロンでの脱毛と、医療脱毛クリニックでの脱毛、2つの選択肢があります。まずはその違いについて知っておきましょう。

 

顔脱毛

 

脱毛サロンと医療脱毛クリニック、脱毛方法の違いは?

 

脱毛サロンにはミュゼプラチナムや脱毛ラボ、医療脱毛クリニックには湘南美容外科などがあります。

 

脱毛エステサロンでは主に光脱毛、医療脱毛クリニックではレーザー脱毛や、うぶ毛処理に適したフォトRF脱毛などが行われます。

 

それぞれの施術期間によって料金相場体系やおすすめポイントが異なりますので、利用するときは事前によく調べたり体験談を参考にしたりしましょう。

 

うぶ毛って脱毛できるの?

ひと昔前は、うぶ毛のような細い毛は毛根が小さく反応しないため、脱毛できないと言われていました。

 

ですが、最近ではほとんどの脱毛サロンやクリニックで、うぶ毛を含めた全身脱毛が可能になってきています。

 

顔脱毛ができる部位にはヒゲ(鼻下、口の端、あご)の他に、額、眉毛、頬などがありますが、サロンやクリニックによって異なりますので、脱毛したい箇所に対応しているサロンを探すことが重要です。

 

キレイモ

全身脱毛プランに、鼻下、鼻、あご、あご下、おでこ、もみあげ、両ほほが含まれます。

 

ミュゼ・プラチナム

ミュゼプラチナムには顔全体のメニューはありませんが、フリーセレクト美容脱毛コース(Sパーツ)で鼻下、あごの脱毛ができます。

 

TBC

顔脱毛は5パーツ(鼻下、アゴ、額、ほほ、フェイスライン)に対応。顔脱毛にワキ脱毛をプラスして、スペシャル特価で施術可能です!

 

リゼクリニック

ヒゲの他に、顔全体のおトクなプラン(鼻下・アゴ・額・両頬の4部位)あり。

 

ヒゲなどの体毛には毛周期がある。毛周期と脱毛との関係

 

毛周期

 

女性のヒゲ(うぶ毛)などの脱毛メカニズムには毛周期が大きく関係しています。脱毛と毛周期の関係とはどのようなものかというと……続きを読む

顔のうぶ毛対策、自己処理の方法とその注意点とは?

 

鼻の下や口の端、あごのうぶ毛がふさふさ生える「ヒゲ女」を卒業するには、エステやクリニックで顔脱毛をするのがいちばんです。

 

でもまずは自己処理で済ませたいと考える女性も多いでしょう。

 

女性の顔のうぶ毛対策・ヒゲ対策の自己処理の方法には様々な方法があります。ここではその代表的な方法と、注意点をご紹介します。

 

手軽さNo.1!カミソリでの自己処理

 

カミソリ

 

生えてしまったヒゲを自己処理する方法で、最も簡単な方法はカミソリを使用することです。

 

カミソリで顔剃りをする際のポイントとしては、

 

  • お風呂上り、または蒸しタオルなどでお肌を温めてから行いましょう
  • 必ずシェービングクリームなどのクリームを塗ってから剃りましょう
  • 毛の流れに沿って剃りましょう。逆剃りは肌を傷めます
  • 化粧水や乳液で十分なアフターケアを忘れずに

 

なお、顔剃りに使用するカミソリは、貝印ブランドのカミソリを使うことをおすすめします。貝印は日本の老舗刃物メーカーで、切れ味がピカイチです。

 

カミソリでの顔剃り、デメリットは?

 

カミソリでしたら簡単にヒゲを処理することができますが、やはり下記のようなデメリットもありますので、本当はあまりおすすめしたくはない方法です。

 

ポイント 顔にカミソリをあてるのがコワい

 

ムダ毛処理に一番使われているカミソリですが、顔に関しては、カミソリをあてるなんてコワくて絶対にできない!という女性も実は少なくありません。

 

カミソリでの顔剃りに慣れているという人でも、利き手側の顔半分を上手く剃るのは結構難しいですよね。

 

特に、顔のうぶ毛を剃るときというのは、朝のメイク時に慌てて剃ることが多いもの。

 

急いでいるあまり、ついうっかりカミソリを横にすべらせて顔に傷つけてしまった!

 

女性ならそんな経験、一度はあると思います。

 

しかも大切なデートの前に限って、うっかり顔に傷をつけてしまうものです。

 

ちなみに貝印などの切れ味のよいカミソリを使っていれば、うっかりつけてしまった傷も治りが早いです(手術で使われるメスも同様です)。

 

安くて切れ味の悪いカミソリは皮膚の表面を削り取ってしまったり、うっかり切ってしまった傷の治りも遅いですのでオススメできません。

 

ポイント 口周りが男性の青ひげのように!?

 

ヒゲに悩む女性

 

次に、カミソリを使用すると、毛の断面が表面に見えてしまい、ヒゲが余計に太く、濃い状態になってしまうことがあるということがデメリットとして挙げられます。

 

女性としてヒゲが目立つような状態は、できる限り避けたいところですよね。

 

またカミソリを使用することでメラニン色素が過剰に生成されてしまい、鼻の下やあご部分が色素沈着を起こしてしまう可能性も考えられます。

 

遠目で見ると、男性の青ひげのように口周りがうっすら黒ずんでいませんか?

 

カミソリはつい手軽に使いたくなるところですが、後々のお肌のことを考えて使用するようにしましょう。

 

毛抜きで抜くと色素沈着のもとに…

 

毛抜き

 

鼻下やあごのうぶ毛。

 

カミソリで剃るとかえって目立つし、すぐに伸びてきてしまうから…と、毛抜きで抜くという人もいます。

 

しかし、口周りのうぶ毛を毛抜きで抜くと毛穴を傷つけてしまい、余計にヒゲが目立つ原因にもなってしまうってご存知ですか?

 

毛抜きでヒゲを抜く方法は、一見簡単にムダ毛を処理できると思えますが、無理やり毛を引き抜くので毛穴を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまう原因となってしまうのです。

 

顔という目立つ位置にそういったトラブルは、できるだけ避けたいところですよね。

 

また中途半端に切れた毛が埋没毛となったり、色素沈着が起こったり、毛抜きでの自己処理は肌トラブルの原因になってしまいます。

 

顔の皮膚は手足に比べると薄いので、色素沈着を起こしやすい部位です。

 

ヒゲがないのに、青ひげのような色素が口周りを囲んでしまわないよう、自己処理で毛抜きを使用することは極力避けるようにしましょう。

 

口周りのヒゲに限らず、ムダ毛の処理方法で毛抜きを使用するのはどの部位であってもNGと覚えておいて下さい。

 

顔剃りシェーバーは使いやすい

 

レディースシェイバー

 

顔部分のデリケートなうぶ毛やヒゲを処理する場合は、シェーバーを使用すると安全に自己処理をすることができます。

 

「カミソリを使うのがコワい!」という女性でも、比較的安心して使えるため、すでに持っているという人も多いかもしれませんね。

 

シェーバーは手足用のものを使わずに、顔用の肌に優しいカミソリで処理をするようにしましょう。

 

お風呂上りや洗顔後、顔の皮膚を温めた状態で処理をすると肌トラブルが起こりにくくなるのでおすすめです。

 

シェーバーでの顔剃りの仕方

 

洗顔後のきれいな肌に、シェービングクリームをを顔全体に塗って肌を保護して下さい。

 

石けんの泡を使用する人がいますが、皮脂や角質を落としてしまい、乾燥しやすくなってしまいますのでおすすめできません。必ずシェービング剤かクリームを使用して下さい。

 

シェービングクリームにも色々な種類がありますので、自分の肌に合うものを選びましょう。

 

シェービングジェル

 

シェーバーを使用する際も、カミソリ同様、毛の流れに沿って丁寧に剃るようにしましょう。

 

逆ぞりをしてしまうと皮膚を切ってしまったり、角質を削り落としてしまうことがあります。一度にやるとどうしても力が入ってしまったり、角質を削ってしまいますので、一気に剃ることを考えず、少しずつ刃を動かして処理して下さい。

 

処理が終わったら、アフターケアとして化粧水と乳液で肌を保護することを忘れないようにしましょう。

 

家庭用脱毛器はどう?

 

家庭用脱毛器の売り上げが良いそうです。家庭用脱毛器の中には、エステ並みの強い照射パワーがある機器もあります。

 

最近は男性でもムダ毛の処理について悩む人が多いので、自宅でエステのように脱毛ができるのであれば、多少の値段の高さも何のその。効果もあるようで、たくさんのレビューで高評価として示されています。

 

家庭用脱毛器にもいろいろありますが、ムダ毛用とはいってもヒゲ脱毛にはあまり適しているものは少ないです。

 

その中でも、女性・男性どちらのヒゲ脱毛にも対応できる脱毛器があります。それは「ケノン」です。

 

「家庭用脱毛器「ケノン」でのヒゲ脱毛について」続きはこちら!

 

除毛クリームは顔に使える?

 

手足のムダ毛を処理するのに便利な除毛クリーム。ドラッグストアで気軽に購入できるところもありがたいですよね。

 

が、除毛クリームは女性の鼻下やあごのうぶ毛処理に使っても大丈夫なのでしょうか?

 

除毛クリーム

 

市販されている除毛クリームには「使用可能部位」といった説明があります。そこを見ると、ほとんどの商品には、

 

「顔への使用はNG」

 

と書かれています。

 

脱毛クリームにはアルカリ性の成分が含まれていて、その成分が毛に含まれるタンパク質を溶かすことで除毛ができます。

 

そのため、顔などの皮膚が薄い部位に除毛クリームを使用すると、塗った部分が真っ赤になってしまったり、肌がヒリヒリするといったダメージを受けることもあるのです。

 

「顔への使用はNG」と書かれてあるとおり、除毛クリームを顔に使用することは避けた方が無難と言えるでしょう。

 

抑毛ローション、抑毛ジェルの効果は?

 

抑毛ローション、抑毛ジェルとは、ムダ毛が気になる部分に塗り続けることで、毛が徐々に細く、薄くなるという商品です。

 

豆乳やパイナップルなどの天然成分でできているものも多く、小中学生のムダ毛対策としても人気があります。

 

そんな抑毛ローション、抑毛ジェルですが、女性の鼻下やあごのうぶ毛に使用したら、効果は得られるのでしょうか?

 

「抑毛ローション・抑毛ジェルは効果ある?」続きはこちら!

 

ヴィート(VEET) 顔用脱毛ワックスシートの特徴と使い方

 

顔用脱毛ワックスシートは、ヴィート(VEET)が発売している製品がオススメです。

 

こちらはワックスシートと呼ばれるシールを顔に張り付け、引っ張ることでうぶ毛を引っこ抜きます。

 

使い方は簡単です。

 

  1. まずワックスシートを毛の流れに沿うようにしっかりと貼り付け、数秒馴染ませます。
  2.  

  3. 次に毛の流れと逆行するようにシートを剥がします。
  4.  

    ※一気に剥がすのがコツです。またお肌が弛まないように、もう片方の手で肌を抑えて固定しておくと効率的に引き抜けます。

     

  5. 最後に、拭き取りシートでお肌を拭き取って終了です。

 

特徴は、少し痛いです。といっても、セロテープやガムテープを使うよりはましですし、場合によっては、痛くないこともあります。

 

しかし、それはうぶ毛が抜けていないことを意味します。痛いときは、しっかりと毛が抜けています。

 

上記のとおり使い方のコツはお伝えしましたが、上手に抜くまでには少し時間が掛かるかもしれません。

 

顔用うぶ毛エピローラーの特徴と使い方

 

顔用うぶ毛エピローラーは、エピローラーと呼ばれる顔にコロコロ転がす器具のことです。エピローラーがうぶ毛を絡め取り、抜いてくれます。

 

こちらはコジットの、フェイスエピローラーという脱毛器が、女性、男性問わずオススメです。

 

使い方は簡単で、軽く顔に当てて毛の流れに逆らうようにゆっくりと転がします。

 

基本的には、下から上へ転がせばいいでしょう。こちらのほうが痛いかもしれません。うぶ毛を絡め取りますのできっちりと毛が抜ける反面、痛みも大きいです。

 

また、髪の毛を巻き込んでしまう危険があります。そのため、使用時は髪を縛っておいたほうがいいでしょう。

 

どちらも小型の製品ではないため、眉毛の下など細かい部分のうぶ毛を抜くことは難しいです。また、ヒゲのような剛毛にも使用しないほうがいいでしょう。

 

女性のヒゲの自己処理、気をつけたい2つのこと

 

女性のヒゲを処理するなら、エステやクリニックでのプロによる脱毛がベストではあります。

 

ですが仕方なく自己処理をするという場合には、下記2点について特に注意していただければと思います。

 

日傘をさす女の子

 

自己処理後は日焼けに注意!

 

特に家庭用脱毛器で脱毛を行った後は、紫外線を浴びないように注意が必要です。

 

その他の方法で処理をしたとしても、処理後は肌が敏感な状態になっています。

 

顔は日焼けをしやすい場所ですので、冬でも気を抜かずに日焼け止めや帽子などで対策を行いましょう。

 

生理中は処理を控えましょう

 

生理中は肌が敏感な時期です。

 

いつも使用している化粧水でも、急に合わなくなってしまう人もいる位ですよね。

 

女性ホルモン(黄体ホルモン)の影響で、肌の乾燥が進んでしまったり、ニキビができやすくなったりします。

 

そのような状態で脱毛を行うと、皮膚に負担がかかったり、傷を作ってしまう可能性があります。

 

できる限り生理のときはヒゲやうぶ毛の処理をしないでそっとしておきましょう。

女性のヒゲが濃くなる原因は?

 

顔を洗って何気なく鏡を見ると、「ウソッ!ヒゲが生えてる!?」という経験をしたことがある女性は少なからずいるのではないでしょうか?

 

いつから?誰かに見られた!?…グルグルと色んな考えがよぎってしまいますよね。

 

鏡を見る女性

 

そもそもどうして女性なのに、濃いヒゲが生えてしまったのでしょう。

 

ここでは、女性のヒゲが濃くなる原因について紹介します。

 

ホルモン分泌が女子のヒゲが濃い原因となることも…

ホルモンにはご存知のとおり、女性ホルモンと男性ホルモンがあります。

 

子宮のイラスト

 

ヒゲが生えるメカニズムは、男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンがたくさん分泌されると、ヒゲを始めとする体毛が濃くなることになります。

 

ストレスや自律神経、睡眠不足、食べ物や食事の栄養バランスなどの関係で、黄体ホルモン(プロゲステロン)や黄体化ホルモンが減少することで、男性ホルモン分泌量が増加し、女性の「男性化」が起こることがあります。

 

つまり「最近ヒゲが濃くなってきた気がする…」という女性は、男性ホルモンが増加していることが原因となっているのかもしれません。

 

最近は「オス化女子」という、言動が男性のような女性を指す言葉もあります。その是非は置いておくとしても、見た目が男性のようになるのは絶対に避けたいですよね。

 

女性は月経によってホルモンバランスが乱れやすくなっていますので、生活習慣の乱れやストレスによって女性ホルモンの分泌が少なくなり、男性ホルモンの分泌が増加することによって、鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあるそうです。

 

基礎体温グラフ

 

ホルモンの働きが原因で影響があるのは、女性のヒゲばかりではありません。ホルモン分泌バランスが崩れると、年齢にもよりますが、ホットフラッシュなどの更年期障害や免疫力への影響を起こしたり、子宮内膜症や嚢胞性卵巣症候群などの婦人科の病気にかかる可能性もあるので注意が必要です。

 

女性のヒゲの濃い原因が体内ホルモンバランスの影響であるとすると、単にムダ毛処理としてひげ脱毛の処理をするのでなく、ホルモン治療などの専門的な治療が必要になるかもしれません。

 

エストロゲンなどの女性ホルモンを増加させるには、イソフラボンを摂るとよいとされています。

 

ヒゲとホルモンバランス関係とは……続きを読む

 

 

女性のホルモンバランスが乱れる4つの原因

 

では、女性のホルモンバランスはどうして乱れてしまうのでしょうか?代表的な4つの原因についてご紹介します。

 

眠ってしまった女性

 

1、仕事や人間関係のストレス

最近は女性でも、男性と同様にバリバリ仕事をこなす人が多くなりました。その分、仕事や人間関係、日常生活でのストレスは増加しています。

 

そのストレスがホルモンバランスを乱して、男性ホルモンを優位にしてしまい、結果として男性のように濃いヒゲが生えてしまっているのかもしれません。

 

2、食生活の乱れ

前述のように、毎日遅くまで仕事をしていると、規則正しい食生活を送ることが難しいこともありますよね。つい便利なお総菜やインスタント食品ばかりを摂ってしまい、野菜不足という悪循環に…。

 

こういった食生活の乱れも、女性ホルモンが減少して、ホルモンバランスが乱れる原因となっています。

 

3、睡眠不足

お肌の大敵である睡眠不足。睡眠時間が短いとホルモンバランスが簡単に乱れてしまい、様々な影響が出てしまいます。

 

濃いヒゲが生えてしまうのも、その影響のひとつ。

 

忙しい毎日を過ごす現代人ですが、やはり睡眠時間をきちんととらないと、心身の不調がてきめんに現れてしまうようです。

 

4、加齢によるホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは30代半ばまで活発に分泌されますが、それ以降になるとだんだん分泌量が減少してしまいます。

 

そのため加齢によるホルモンバランスの乱れが男性ホルモンを活発にしてしまい、濃いヒゲとして現れてしまうことがあります。

 

「年齢だからどうしようもない…」と諦めることはありません。きちんと対策をすれば、女性ホルモンを優位に分泌させることもできますので、ヒゲの濃さが気になる人はこれを機会に、生活習慣を見直したり、婦人科を受診したりしてみましょう。

 

女性のヒゲの原因、女性ホルモンを整えるには?

 

女性の“ヒゲ”には女性ホルモンが密接に関係していることがわかりました。

 

ではこれ以上ヒゲを濃くしないように、女性ホルモンを整えるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ストレス解消が何よりも大切!

女性ホルモンはストレスに弱く、ちょっとしたストレスでもすぐにバランスを崩してしまいます。

 

現代人でストレスを感じないという人はほとんどいないとは思いますが、上手にストレスを解消して、ホルモンバランスを整えることが大切です。

 

女性は体力がないので、「休日はたまった疲れを取るために一日寝ている」という人も多いと思います。

 

ですが、一日中ゴロゴロしているよりも、軽いウォーキングや運動をして体を疲れさせる方が、ストレス解消になり、休み明けの仕事も集中してこなせるようになりますよ。

 

ウォーキングする女性

 

ストレスを完全になくすことは難しいことですが、ストレスと上手に付き合っていくことで、メリハリのある生活を送ることもできます。

 

質の良い睡眠でホルモンバランスを改善!

ホルモンバランスが乱れる原因として、睡眠不足もあります。

 

毎日の仕事や家事で忙しい生活を送っている女性も多いとは思いますが、最低でも6時間の睡眠を取って、男性ホルモンの分泌を抑えるようにしましょう。

 

また、休日はだらだらと眠るという状態や、前述したような「休日の寝だめ」はあまり質の良い睡眠とは言えません。結果的には生活リズムを狂わせてしまい、心身の不調にもつながることがあります。

 

休み前はつい夜更かし、朝寝坊をしてしまいがちですが、できる限り休日でも決まった時間に寝起きするようにして、睡眠のバランスを整えましょう。

 

質の良い睡眠のためには毎日決まった時間に横になるようにして、朝も決まった時間に起きるようにしたいですね。

 

質の良い睡眠時間は6時間程度、と言われていますので、できればその位の時間は睡眠を取るようにして下さい。

 

女性ホルモンを活性化する食生活を

そして、心身の健康および女性ホルモンを活性化するためには、やはり食生活にも気をつけましょう。外食やコンビニ弁当ばかりの食生活では、栄養バランスもホルモンバランスも乱れてしまいます。

 

大豆と豆乳

 

忙しくて時間がない時でも、せめてサラダや温野菜を食べるなど野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

 

他にも大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするといわれています。大豆、豆腐、納豆、みそなどを積極的に摂るようにしましょう。

 

また、反対に男性ホルモンを増加させる働きをもつ食材があります。それは赤身肉です。赤身肉は動物性たんぱく質がたくさん含まれています。そしてこの動物性たんぱく質には男性ホルモンを増加させる働きがあるのです。

 

お肉が大好き、という女性も多いでしょうが、肉食中心の食生活を続けている人は要注意です。

 

もちろん、動物性たんぱく質は私たちの健康に必要な栄養素ですので、全く食べないということも問題です。

 

要はバランスよく食べること。お肉を食べる人は、その分野菜もたくさん食べるように気をつけましょう。

 

<関連記事>
「ヒゲが濃い女性がとるべき食事について」詳しくはこちら!

 

冷え性を改善しよう

できてしまったヒゲは、脱毛したり、その都度自己処理することができますが、それ以前に大切なことは、乱れてしまったホルモンバランスを整えることです。

 

女性は冷えに悩む人が多いのですが、「冷えは万病の元」とも言われるように、全ての病気につながります。

 

手足が冷えることで女性ホルモンのバランスが崩れていることも考えられますので、ぜひ冷えとりをしていきましょう。

 

半身浴や体を冷やさない服装、軽い運動などで冷えを体から追い出し、ホルモンバランスを整えるようにして下さい。

 

 

 

以上、女性のヒゲが濃くなる原因と対処法について紹介しました。

 

規則正しい生活や睡眠を送っているのであれば、男性ホルモンが活発化するということは稀です。

 

「最近ヒゲが目立つな」と気づいた人は、「最近の生活で、ホルモンバランスが乱れているよ」という体からのSOSだと思って、毎日の生活を見直すようにしましょう。

 

適度な運動に質の良い睡眠。「ホルモンバランスを整える対処法」として紹介しているものの全てが、ホルモンバランスだけでなく、毎日を健康的に過ごすために大切なものばかりだということですね!

 

これ以上濃いヒゲが生えないよう、生活リズムや食生活をしっかりと見直していきましょう。女性のヒゲの悩みが早く解消されると良いですね。

女性なのにヒゲが濃すぎる…病気の可能性も?

 

ストレスや夜更かし、偏った食生活などが原因となり、女性でもヒゲに悩む人が多くなっています。

 

ポッキーで鼻下のひげを作る女性

 

多くの場合は規則正しい生活やストレス解消によって、女性のヒゲも徐々に薄く、目立たなくなるのですが、中には「多毛症」という病気であることも考えられます。

 

ここでは「多毛症」の原因や症状の現れ方、治療法などを紹介します。

 

「多毛症」とは、その病名のため勘違いされがちですが…続きを読む

 

 

ヒゲの濃い女性のためのメイク。メイクでヒゲを消す、目立たなくする方法

 

ヒゲが濃いことで悩む方もいます。しかし、男性だけがヒゲに悩んでいるわけではありません。女性でもヒゲに悩むことがあります。

 

女性の場合には、生活習慣の乱れ、仕事のストレス、喫煙、食生活の変化などからホルモンバランスが崩れてしまい、ヒゲが生えてしまうことがあります。

 

男性ホルモンが過剰になると、ヒゲがより濃くなってしまい、かなり目立ってしまうこともあるため女性としては悩みの種になる場合があります。

 

これを目立たなくするために、まずは伸びてきたヒゲを剃ることです。ですが、剃った跡が肌に残ってしまい、青く目立ってしまいます。

 

これをなんとか消すためには、ファンデーションやコンシーラーなどの化粧品や美容品を使ってできるだけ目立たなくすることが大切です。

 

メイクする女性

 

それなりに広範囲にメイクすることになるので、ファンデーションとコンシーラーの色はある程度あわせるほうがいいでしょう。違う色だと、メイクがうまくいかない場合があります。

 

ですが、一時的にメイクで隠すことはできてもその状態がずっと続いていくのはなかなか大変です。毎回メイクでごまかす必要がでてくるからです。

 

できるだけヒゲを薄くするか、女性のヒゲが生えないようにする対処法として、生活習慣を見直してホルモンバランスが安定するようなインナーケアをして改善していきましょう。

 

またストレスなども適度に解消できるような生活環境を整えてストレス発散し、健康的な生活を送るストレスケアをすることも身体にとって大切です。

男性のヒゲ脱毛。適した医療レーザーは?

 

ヒゲの脱毛に悩む男性からのアクセスもあるかもしれませんので、最後に男性のヒゲ脱毛についても少しご紹介しておきます。

 

男性のヒゲ脱毛には医療レーザー脱毛が適していますが、中でもYAGレーザーがおすすめです。皮膚の深いところにまでレーザーが届くため、毛根が深いヒゲの処理に向いています。YAGレーザーの機器がない場合は、ダイオードレーザーを選ぶとよいでしょう。

 

ヒゲが生えている男性

 

女性はもちろんですが、ヒゲが濃くて悩んでいたり、困っていたりする男性は多いですね。女性と違って男性は、個人差もありますが、ヒゲが太くて、硬いのが特徴です。同じ太さの銅線と同じ硬度を持つともいわれますから、シェーバーであれ、カミソリであれ、毎日剃るのは一苦労です。深剃りしていると肌が荒れるのもいやですよね。ひげ対策としてひげそりやシェービングをするよりも、思い切ってレーザー脱毛してしまおうという方も増えていると思います。レーザー脱毛では耳毛処理などのムダ毛ケアも可能です。

 

脱毛用に使われている医療レーザーは、主に3つの種類があります。「アレキサンドライトレーザー」、「ダイオードレーザー」、「YAGレーザー」です。

 

ヒゲ脱毛には「YAGレーザー」が適しています。ヒゲの特徴として、毛根が深いことがあげられます。毛根の先には、髪を形成する毛母細胞という組織があり、皮膚とくっついています。レーザー脱毛では、この毛母細胞を熱で破壊して毛の再生を止めるのですが、ヒゲの毛母細胞は他の毛よりも奥にあるため、普通のレーザーは届きづらいのです。

 

YAGレーザーは1061nmという比較的長い波長を持っています。波長が長い光は遠くまで届く性質がありますから、つまり、患部に照射すると、毛根の深いところまできちんと届くことができるわけです。

 

レーザー脱毛は永久脱毛で、ムダ毛全体をレーザーで熱し、その熱を間接的に伝えることで毛母細胞に熱を加える仕組みです。その理論からいえば、波長が短くてもあまり影響がないように思われますが、それだとムダ毛の部分ばかりが熱せられて、肝心の毛母細胞は思ったほど熱せられないということもあり得ます。効率が悪くなるのですね。

 

ただ、YAGレーザーの脱毛機器を使用しているクリニックは、それほど多くありません。通院するクリニックにYAGレーザーがない場合は、ダイオードレーザーで処理してもらうとよいと思います。アレキサンドライトレーザーの方が高い熱を加えられるので脱毛効果が高いともいわれますが、ヒゲ脱毛の場合はムダ毛よりも皮膚へのダメージが強くなりすぎて、低温火傷のような症状になったり、毛包部にニキビ跡に似た毛膿炎(毛?炎)ができるリスクが高くなります。

 

ダイオードレーザーは微調節ができるのがメリットですから、皮膚が損傷を受けない程度に出力を上げて処理してもらうとよいでしょう。

すべての女子のために…美容に関するホームページの紹介

 

スマホを見る女性

 

横浜中央クリニックで脱毛♪ 横浜で医療脱毛をやりたいと思ったら、おすすめなのが横浜中央クリニック。こちらは脱毛以外にも、美容に関する様々な相談ができます!

URL:http://www.xn--pcka3d5a7lt11podq174atgd1ve375e.com/

眉間 しわ 眉間のしわの原因と対策。ビーグレンというスキンケア商品を使った口コミです!

URL:http://www.miken-shiwa.com/

 

 

 

このページのトップへ戻る