ベータカロチン、ビタミンC、カテキン…

夏になると肌トラブルが増えてしまうアトピー肌の方は多いと思います。冷房で肌が乾燥したり、汗がしみたり、夏は思っている以上に肌への刺激が多い季節なんですよね。

 

そしてもうひとつ、忘れてはいけない肌の大敵が、強い紫外線です。紫外線によって作られる「過酸化脂質」が、肌の持っているバリア機能を破壊してしまうからです。

 

紫外線を浴びる女性

 

「過酸化脂質」とは、あまり聞き覚えのない言葉ですが、これは体内の脂肪が活性酸素によって酸化してできる物質です。動脈硬化の原因として知られる悪玉コレステロールも、体内の脂肪が酸化した過酸化脂質なんですよ。

 

皮膚の表面は保湿や防御のために皮脂で薄く覆われています。しかし、そこに紫外線を浴びると、皮膚に活性酸素が作られ、そしてその活性酸素によって皮脂が酸化し、過酸化脂質に変質してしまいます。

 

こうした酸化物質は細胞を傷つける性質を持っていますから、肌に炎症が起きたり、保湿力が弱まって乾燥肌になったりといった症状が出ます。

 

もともとアトピー肌の方は表皮が薄く、また皮脂の分泌も少なくなっています。過酸化脂質が生成されると、アトピーの症状をさらに悪化させるため、とてもたちが悪いのです。

 

アトピー肌の方が夏に脱毛を受けるときは、クールダウンや保湿といったケアの他に、紫外線対策に気をつけることがとても大切です。

 

特にサロンの光脱毛や、医療機関のレーザー脱毛のように、毛穴に高熱を加えてムダ毛を脱毛させるタイプの処理方法は、熱によって皮膚の水分が蒸発し、肌が乾燥しやすくなります。

 

そこに、紫外線によって過酸化脂質が生成されると、肌が受けるダメージは2倍になりますから、強いかゆみや炎症、表皮がはがれて薄くなってしまうなど、普段以上につらい症状に悩まされる可能性があります。

 

日焼け止めで紫外線をカットするのは有効ですが、日焼け止めそのものが刺激になって、顔や肌がかゆくなるという方も多いですよね。

 

紫外線が強くなる夏は、普段から抗酸化機能のある食物を積極的に摂っておくことをおすすめします。

 

緑黄色野菜

 

ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンC、Eなどのビタミン類、カテキンやリコピンなどのポリフェノールなどを食品やサプリメントを活用して幅広く摂ってください。脱毛に通う方は、その前後に集中的に摂るとよいですよ。